情報

ネステナーを利用することのデメリットや注意点は何でしょうか?

投稿日:

ネステナーを利用することのデメリットや注意点は何でしょうか?

ネステナーは工場や倉庫内に存在する荷物を保管するための棚のことです。

スチール製であることが多く、名称は知らなくても写真などで見たことがある人は多いでしょう。

実際、工場や倉庫などで荷物を保管する際にはこのネステナーを利用するケースは多々ありますが、注意点が少なからず存在します。

ネステナーにはデメリットが存在する

ネステナーは荷物を保管するときの効率性が高まるといった部分で魅力があり、そこに惹かれて多くのケースで利用されています。

しかし、同時にデメリットも存在するため、必ずしも理想的な棚であるという認識は持たない方が良いです。

特に注意すべき点は地震などが発生したときの問題で、ある程度の強さの地震が起きた際には、ネステナー自体が崩れる、倒れる可能性があります。

ネステナーは何段も積み上げて使用していくケースが多いですから、そのようなときには地震の影響を受けやすいと言えます。

ネステナーの導入がそもそも難しい場合もある

ネステナーを実際に使うにあたっては、地震などに弱いというデメリットを知っておかないといけません。

ただ、それ以前に特定のケースにおいては、ネステナーを導入することが難しい場合があるため、そこも頭に入れておきましょう。

それは使用する場所の天井の高さが低い場合で、天井の高さが十分に確保できないスペースでは、ネステナーを何段も積み上げることは厳しいです。

このケースでは、ネステナー特有のメリットが発揮できず、あえてネステナーを使う意味がない状況と評価できるでしょう。

上に重ねていくことで効率性を発揮する性質を持っていますが、天井が低い工場や倉庫ではこの性質は逆にデメリットとなり、導入自体が厳しいと言わざるを得ないのです。

-情報

Copyright© ネステナーの利用方法のまとめ【2021年度版】 , 2021 All Rights Reserved.